【エドルカラー】カラーレシピ集

どうも、べーやんです。

このページはルベルより発売されたエドルカラーを使ったレシピを問わず語りするページになってます。

随時レシピを更新していくので、このページをブックマークしておくと便利だと思います。

ちなみに薬剤を混ぜるのは薬事法上禁止なので営業ではやめましょう!※写真は全てプライベートモデルです。

【Gr】グレージュベースのレシピ

ベース 2ブリーチ毛

根元 Gr9

先  Gr9 : クリア   1:1

備考 根元はGr7or5で先にPe(パール)もしくはブルーとV(バイオレット)を少量混ぜると黄色味を抑えれる

   毛先が緑っぽくなりそうな場合はピンク系を少量まぜるとよい

ベース 2ブリ (ファイバープレックス)

根元 Gr3 : V7  5 : 1

先  11Gr : V13  10 : 1

備考 毛先にバイオレットが入りすぎる事があるので注意。根元の薬剤を少しづつのばすのがポイント

スポンサーリンク

【Be】ベージュベースのレシピ

ベース バレイヤージュ (アディクシー)

根 Be7 : Gr7   2 :  1

先 Be9 : Gr9   : CO10(イルミナ) 2 : 1 : 総量の10%

備考 少し安定感を出すためにイルミナカラーのコーラルを入れて毛先だけ鮮やかになりすぎるのを防ぎます

こういうバレイヤージュのベースを作る時はカラーボードを使うのがおすすめ!

スポンサーリンク

【B】ブラウンベースのレシピ

ベース 1ブリ (アディクシー)

根元 B3 : Gr5  1 : 1 6%

先  B7 : Gr7  2 : 1 2%

備考 色味がブレやすいベースだったのでBを多めに入れて安定感を優先しました。髪質によってBでもグレーによるので見極めが重要

ベース ハイライト履歴 ➡︎  フルブリーチ(ファイバープレックス)

根 B7

先 B9  :  Gr9    5  :  1

備考 毛先のハイライト履歴の状態に応じてGrを無くしてもいい。ベースにムラがある時ほどBの配合量を増やした方がミスが少ない

ハイライト ライトナー : ブリーチ(ファイバープレックス) 2:1 3% 2倍

オンカラー B9 : P9 : WA9  1:1:1 2%

ベース 根 B5 : M  3:1  4%

先     B7 : WA7 3:1  2%

備考 それぞれ補助のカラー配合が複雑に見えますが、根元はオレンジ味を消す、オンカラーは緑になるのを避けるための設定です。モデルのベースに合わせて配合は微調整すべきなので参考までに

スポンサーリンク

【V】バイオレットのレシピ

ベース ブリーチ1 (アディクシー)

V(プライマリーカラー)

備考 根元は1cm外してブリーチ 細毛でリフトしやすかったので1ブリで済みましたが、2ブリが必要な場合もあり

【A】アッシュのレシピ

ベース 1ブリ (アディクシー)

根 A3 : Gr3   1 : 1  6%

先 A5 6%

備考 かなり青みが強いのでけっこう簡単にブルーが出ます。出すぎちゃいます(笑)

【WA】ホワイトアッシュのレシピ

ベース 2ブリ (アディクシー)

根元 Gr3 2%

先  WA11  2%

備考 根元の薬剤の範囲を細かく狭く塗っていく事が重要

【Pe】パールのレシピ

ベース 2ブリ (アディクシー)

根 Pe7 2%

先 Pe13 2%

備考 パールはホワイト系ではかなり安定します。毛先は薄いパールで様子をみながらしましょう

【M】マットのレシピ

ベース 2ブリ(ファイバープレックス)

プライマリーカラーM(マット)

備考 体感的にもっともマット系を強く表現できるのがこれだと思う。赤味が出てしまう根元付近に補色としていれるパターンは多い。

【N.ブリーチ】オキシの倍率によってリフト力に違いはでるのか?

2019年9月20日

【検証】エドルブリーチのリフト力を検証してみた!

2019年9月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください