どうも、べーやんです。

元号も新たに「令和」になり新たな時代へますます近づいたなぁと思う今日この頃。

さらに10月1日からは消費税が8%から10%に引き上がります。

まだ少し期間はありますが、増税時に気をつけていくべきことを問わず語りしていきたいと思います。

 

料金表示の仕方について

当たり前ですが、増税をするとお客様のお支払いする金額が上がってきます。

その際もともと税別表記しているサロンはそのままで問題はありませんが、税込み表記している場合は新たに価格を表記しなおす必要があります。

その際、安く見せる為に税込み表記から税別表記に変更する事は控えた方が賢明です

お客様にとって不親切なだけではなく、誤解を与え信頼そのものを失う可能性がありますのでしっかりとお客様に説明をして理解して頂きましょう。

ちなみに増税前に8%で仕入れたものをお客様に販売するときは10%が適用されるので合わせて注意が必要です。

 

スポンサーリンク

消費税を謳った表記はNG! 

増税の直後は、お客様のお支払い額が上がってしまうので、失客の影響が不安。ですからこのタイミングでお客様に値引きや特典でのキャンペーンを考える事も必要かもしれません。

その時気をつけるのは、消費税を謳った告知を行ってはダメ!!という事です。

・消費税分還元キャンペーン

・増税分プレゼント

などが該当します。

しかし、「10%オフ」なんて表示は増税との関連は無しに該当するのでOKですよ!

要は増税をほのめかす文言を避ければ大丈夫という訳です。

最悪の場合、違法となり行政から指導が入る事もあるのできっちりと守っていきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ できるだけ早い準備を!

という訳で、あまり知られてない増税対策でしたが、とにかく表に出す文言に増税に関連づいた内容が含まれていないように注意をして下さい。

加えてお客様にサロンの値上げと勘違いされない為の工夫も合わせて行うといいでしょう。

そしてギリギリになって準備をしてしまうと、間に合わない所や見落としなどで結果としてお客様に迷惑がかかってしまいますので早め早めの準備をしていきましょう。

最近は社会の目も厳しくなって来ていますから。

しっかりとした対応が求められていますね。

という訳で【現役美容師の問わず語り】を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください